千葉県にある通信制高校について

サポート校は卒業しても高校卒業の資格を得られないので注意が必要

自由な時間を持てるというメリットがあります : 入学試験を設けていないことの方が多く、門戸は広い : サポート校は卒業しても高校卒業の資格を得られないので注意が必要

ただし、都道府県によっては生徒を募集している区域に制限が設けられている場合があります。
学校が設置されている都道府県に住んでいることを条件としている場合もまれにみられます。
通信制高校の中には、全日制や定時制課程がなく通信制のみの「単置」、全日制や定時制課程も設置されている「併置」と呼ばれる形式の学校があります。
さらに基本的には通信制高校であっても高校の設置されている都道府県に在住している必要があるのですが、遠方に住んでいても通うことのできる「広域の通信制課程」と呼ばれる学校もあります。
全国には多くの通信制高校が設置されています。
千葉県では下記の高校があります。
・千葉県立千葉大宮高等学校・あずさ第一高等学校・中央国際高等学校・中山学園高等学校・明聖高等学校・わせがく高等学校・敬愛大学八日市場高等学校・東葉高等学校・文理開成高等学校・飛鳥未来高等学校・青森山田高等学校・鹿島学園高等学校千葉・青葉茂原・成田・柏キャンパス・クラーク記念国際高等学校柏キャンパス・第一学院高等学校・つくば開成高等学校柏学習センター・ヒューマンキャンパス高等学校・屋久島あおぞら高等学校柏キャンパス・わせがく高等学校西船橋キャンパス・柏・勝田台・稲毛海岸学習センター様々な年齢層の人が学ぶことのできる通信制ですが、すでに高校を卒業している人は入学することは出来ません。
もう一度勉強したいという人は、特定の教科や科目だけ聴講生として学ぶことができる学校もありますが、基本的には高校卒業資格を持っていない人のための学校という立ち位置です。
また、通信制高校とよく似ている学校として通信制サポート校というものがあります。
どちらも通信であるため間違えてしまいがちですが、サポート校は卒業しても高校卒業の資格を得られないので注意が必要です。
サポート校は通信制の高校を卒業するためのサポートをしてくれるという位置づけです。