千葉県にある通信制高校について

自由な時間を持てるというメリットがあります

自由な時間を持てるというメリットがあります : 入学試験を設けていないことの方が多く、門戸は広い : サポート校は卒業しても高校卒業の資格を得られないので注意が必要

通信制高校は、全日制高校や定時制高校とは異なり単位取得制という特徴をもった高校のことです。
多くの場合、自分自身で授業を組むことができるだけでなく、必要なスクーリングやレポート提出、テスト以外に授業に出席する必要がないため、自由な時間を持てるというメリットがあります。
このことからアスリートや芸能人のように一般的な全日制高校には通いにくい場合や、病気療養中で通学が難しい場合に好まれます。
自由度が高い一方、自分自身で勉強を勧めなければならないため、計画性のない人や管理の出来ない人には難しい性質の学校ともいえます。
自由度が高いといっても卒業するためには、規定が設けられています。
まず、在籍期間が3年間以上である必要があります。
3年以内に必要単位数を取得していても卒業し高卒の認定を受けることはできません。
ただし全日制や定時制の高校から編入した場合は、前に在籍していた学校での在籍期間も含めて3年間以上の在籍が必要となるため、必ずしも3年間通信制高校に在籍しなければならないわけではありません。
前に在籍していた高校から転入する場合はそれまでに取得していた単位を引き継ぐこともできますが、すでに他の高校を退学していて新しく通信制に入学する場合には単位の引継ぎができずに1年生から新しくやり直さなければならない場合もあります。
次に、3年間のうちに74単位以上を取得している必要があります。
通信制では基本的に、自主学習をしレポートを提出しスクーリングを行ってテストを受けて単位を取得することになります。